Mr.E.C. だよ。

そう、エリック・クラプトン。大阪城ホールでブルースをあびて、全身の震えたよ。
USAからのお越しに比べたら、和歌山ー大阪なんてお隣だよね。
クラプトンがあやつるギターのトーンに涙があふれたよ。僕の好きな曲の連続だった。
特にドミノス時代の「Why Does Love Go To Be So Sad」
そのトーンは、時代も、場所も、習慣も、肌や目の色も飛び越えて突き刺さるんだ。
音楽って素晴らしいね。人間って素敵だね。
ec
As I turn out the light
I say my darling, you were wonderful tonight
Oh my darling, you were wonderful tonight
(Wonderful Tonight Eric Clapton )

カテゴリー: 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>